ドレスショップイソリ表参道店 ステージ衣装衣裳、演奏会用ドレス、結婚式用ドレス、披露宴ドレス、二次会 ドレス、謝恩会 ドレス、パーティードレス、インポートドレス店舗販売

Spice Up Your Life!”
〜ドレスショップイソリ 表参道 神宮前 渋谷 青山 東京〜

店舗の場所      スタッフ募集     新作入荷情報(アメブロ)     スタッフブログ     店舗・会社情報     

$Dress Shop ISORI 表参道店(ドレス ショップ イソリ)

「いいね!」よろしくお願いします!

ISORIFace Book 情報盛り沢山!

 

ISORIの使命】

我々はお店を預かる立場にあり、期待を胸に足を運んでくれる皆さんに超感動を提供し、さし迫る期日に向けて最高のスタイリングをし、さらには同時に将来に向けての提案をし次回の再会に夢と希望のプレゼントをする。

バックヤードも含め店内全てのドレスの個性を把握し、お客様の話を聞く。

お客様の話を聞く・・・この意味はとても深い。

希望の色形を聞くことを言っているのではない。

そんなことは実習生でもできるし、もっと言うならお客様に勝手に店内をうろついてもらえば済むこと。

我々はスタイリストである。

お客様は自身がステージ・会場にドレス姿で立つ自分をイメージしている。

ステージ・会場の風景もステータスも自分の位置も知っている。

スタイルングする前に、そんなお客様になり替わり、そのステージ・会場に立てるかどうかだ。

自分が立っているイメージを完成させることが出来るかどうかだ。

それくらいのことができなければ話にならないことは知っているだろう。

 

店を自動販売機にするな。

自分をお客さんのお手伝いさんにするな。

嫌がられるほどに話を聞け。

 

ドレスは繊維技術を筆頭にメーカーのデザイナーと世界の工場が切磋琢磨しながら生んでいる。

毎シーズン毎シーズン驚くほどのデザインを生み出す人々の努力。並大抵のものではない。

振り返って我々は何者だ?

脇から手を伸ばし(セレクトという行為だが。)それを販売するだけでいいわけがない。

メーカーほどの努力をしろ、という事だ。

デザイナーほどのセンスを持て、という事だ。

苦労をしろということだ。

国家資格級の聴きだす能力を持てと言っている。

プロ中のプロと言われるくらいのスタイリングをしろと言っている。

お客様の鳥肌が立つくらいの変身をさせろと言っている。

 

現実には自身の職としながらも販売やスタイリングを軽く考えている愚か者が多い。

この界隈も毎年毎年お店が潰れてなくなってゆく。

そりゃそうだろう。

どう見たってこの業界は勉強嫌いが多い。

岐路に立つたび楽な方を歩んできた者が多い。

やらなきゃならない事や、やらなきゃならない時を知っていたにも関わらず、サボってきた経歴の持ち主がのほほんと仕事みたいな事をしている業界だ。

頭の中は遊ぶことばかりなり。

(学生の内に終わっとけ。)

 

技術とセンスの塊の衣裳を、こんなノリの者たちが利益をのせて販売していいのか?

いいわけがないから淘汰されてゆく。

当たり前の結果だ。

 

じっくり考える必要はない。

結論は一つ。

プロになるため即刻勉強を始めればよい。

 

今までサボってきたのだ。

であれば、今から苦しんで結果を出すしかない。

やればいいだけだ。

頂点目指して。

 

 

(C) 2007-2016 Dress Shop ISORI. All Rights Reserved.